女の子との相性は援助交際をしてみないと分からない

男性からすれば、女の子と援助交際をするのであれば、できるだけ相性の良い女の子を探したいところでしょう。
出会い系サイトなら、女の子の年齢や体型や性格など、いろんなプロフィール情報を知ることができるので、相性の良い女の子を探せるかもしれません。
ただ、プロフィールだけでは分からないことも当然あるわけですし、それだけが決して全てではないのです。

出会い系サイトのプロフィールは確かに便利ですが

援助交際だけに限らず、女の子と出会う上でプロフィールというのは、とても便利なツールだと言えます。
女の子に関するいろんな情報を知れるわけですから、十分活用する意義はあるでしょう。
ただ、プロフィールはあくまでも女の子の基本情報であり、本当の部分は実際に会ってみないと分からないものなのです。

イメージと違うケースはよくある

例えば、ネットで仲良くなった相手と実際にお会いした時に、イメージとはかなり違うケースはよくあると思います。
援助交際も同じケースはよくあり、出会い系サイトでは非常に大人しいイメージだったのに、実際に出会ってみるとかなり活発だったというパターンもあるわけです。

結局は実際に援助交際をしてみないと分からない

結局のところ、女の子との相性に関しては、実際に援助交際をやってみないと分からないものなのです。
もちろん。プロフィールで大まかな判断はできるかもしれませんが、あとは運に任せてやってみるしかないのです。

ですから、相性のことを考えるのもある程度は大事かもしれませんが、あまり意識しすぎない方がいいですし、それだけにとらわれてしまうのも良くないのです。

失敗したくないから会ってから会話をしてみよう

とは言っても、相性が悪い女の子だったら嫌でしょうから、女の子と会ってから少し会話してみるといいでしょう。
すぐに援助交際を始めるよりも、ある程度コミュニケーションを取った方が、女の子と相性が合いそうかどうか、それなりに見えてくると思います。

最初は援助交際目的でなくても

最初は恋人やメル友を探す目的で出会い系サイトを利用している人でも、援助交際の書き込みを見たことで、やったみたいと思う人も多いのです。

最初から援助交際目的とは限らない

援助交際をしている人の全てが、最初から援助交際目的とは限らないのです。
最初は、普通に出会いを探す目的で利用している人でも、ちょっとしたことがきっかけで援助交際を行うのです。

出会い系サイトには援助交際の書き込みが本当に多い

サイトにもよりますが、やはり出会い系サイトでは援助交際の書き込みがかなり多いのです。
もちろん、隠語などを使って書き込まれているわけですが、書き込みを見れば援助交際かどうかある程度分かるものなのです。

その書き込みを見て、少し援助交際に興味を持つようになって、気がつけば書き込みに対して返事を書いていたり、メールを送ったりしているのです。

誘いのメールをもらうことも

また、援助交際を希望している相手から、誘いのメールをもらうケースもあります。
相手は地域別に探していることが多いので、たまたま自分がヒットして誘われる可能性もあるわけです。
もちろん、きっぱりと断れる人もいるのですが、一方で誘われたことで心が揺らぎ、最終的に援助交際に応じる人も少なくないのです。

メル友目的が実は援助交際目的であることも

さらに言えば、メル友で募集をしているような相手が、実は援助交際が目的だというケースもあるのです。
したがって、メル友関係になってから、実は援助交際が本当の目的だと分かってしまうわけです。
しかし、せっかくメル友になれたということもあり、援助交際に応じてもっと仲良くなりたいと思う人もいたりするのです。

何をきっかけに援助交際をするかは分からない

上記のケースだけに限らず、何をきっかけに援助交際をするかは分からないものなのです。
極端に言えば、女の子と援助交際をする夢を見たことで、援助交際をやってみたいと思う人だっているわけです。

家出をしている女の子の援助交際事情

援助交際をしている女の子の中には、もちろん単純にお小遣い稼ぎを目的としている子もたくさんいます。
その一方で、いろんな事情で家出をして、お金に困って援助交際をする女の子もいるのです。

家出をしていても援助交際なら

家出をしている女の子にとっては、最大の問題となるのがお金です。
恐らく手持ちにあるお金は微々たるものでしょうから、今日の食事や宿もままらないケースが多いのです。

でも、援助交際をすることによって、短時間で数万円のお金を稼ぐことができます。
それなら、食事に困ることもありませんし、ホテルに泊まることもできるわけです。

出会い系サイトが頼みの綱

ただ、今の時代は街で男性に声をかけるのは、何かと不安も大きいと思います。
ですから、出会い系サイトの方を利用し、そこで援助交際の募集をしておくのです。

つまり、家出をしている女の子にとっては、出会い系サイトは頼みの綱と言えるわけです。
募集をしている時に、「家出をして困っています」と書き込んでおけば、男性から返事をもらえる可能性も高くなるでしょうから。

大抵はすぐに家に帰るものですが

家出をしている女の子も、大抵は数日から長くても1週間ぐらいで家に帰るものです。
ただ、それぐらいの期間であっても、やはりお金は必要になるわけですから、援助交際をいう方法を選ぶしかないのです。

また、女の子によってはそれ以上に長く家出するケースもあります。
そうなれば、ただ援助交際をしてお金をもらうだけでなく、男性の家に泊めてもらうこともあるのです。

男性からすればどちらがいいのか

男性からすれば、ただのお小遣い稼ぎの女の子か、それとも家出をしている女の子か、どちらがいいのでしょうか。
もちろん考え方にもよりますが、家出をしている女の子の方が、エッチの時もちゃんと応じてくれる可能性が高いでしょうから、後者の女の子の方がいいと考える男性も多いと思います。
むろん、男性からすればこちらの希望を聞いてくれることが1番なのですが。

サブコンテンツ

このページの先頭へ